メニューを飛ばして本文へ進む

別紙3 当社に対するご請求方法について

別紙3 当社に対するご請求方法について

1.開示等のご請求方法及びご提出いただく書類の様式

(1)請求方法
 開示等のご請求は、当社所定の「保有個人データ開示等申請書」に本人確認のための必要書類を添付の上、郵送によりお願いいたします(郵送料は、お客様にご負担いただきます)。
(2)本人(または代理人)確認のための必要書類
①請求者がご本人の場合
 運転免許証、パスポート、在留カード、特別永住者証明書、個人番号カード(個人番号が記載されている個人番号カードの裏面の写しは不要)等の官公庁が発行した顔写真付き本人確認書類の写しのいずれか1点、もしくは健康保険被保険者証、年金手帳等の官公庁が発行した顔写真のない本人確認書類の写しのいずれか2点をご提出ください。
②請求者が代理人の場合
 【代理権を確認するための書類】及び【代理人ご自身の本人確認書類】からそれぞれ1点、ならびに上記①のご本人の本人確認書類から1点の計3点(本人確認書類が、健康保険被保険者証、年金手帳等の官公庁が発行した顔写真のない本人確認書類の写しである場合は、本人確認書類2点の計4点)をご提出ください。
【代理権を確認するための書類】
①本人が未成年者の場合
…本人の戸籍抄本または扶養家族が記入された保険証(写)
②本人が成年被後見人の場合
…後見登記等に関する法律第10条に規定する登記証明事項
③代理人が任意代理人の場合
…委任状及び本人の印鑑登録証明書
【代理人ご自身の本人確認書類】
上記①と同様

2.手数料及びその徴収方法

開示等のご請求のうち、利用目的の通知の求めまたは開示のご請求をされる場合は、当社からの返送のため、以下の郵送料を手数料としていただきます。

・郵送料(簡易書留) 430円
  • ※提出書類に上記金額相当の郵便切手をご同封ください。
  • ※郵送料が不足していた場合、または郵送料が同封されていなかった場合は、その旨ご連絡いたしますが、当社指定の期間内にお支払いがない場合は、開示等のご請求がなかったものとして対応させていただきます。
    また、「保有個人データ開示等申請書」及び確認書類の郵送料は別途ご負担いただきます。
 

3.開示等のご請求に対する回答方法

請求者の請求書記載住所宛に書面(請求者と当社で特に合意した方法がある場合は当該方法)によってご回答いたします。
回答期限は請求書の到着後、2週間程度を目安としております。

4.開示等のご請求に関して取得した個人情報の「利用目的」

開示等のご請求にともない取得した個人情報は、保有個人データの特定、回答の発送等、開示等のご請求に応じるために必要な範囲でのみ取り扱うものとします。

5.保有個人データの不開示事由について

次に定める場合は、不開示とさせていただきます。不開示を決定した場合は、その旨、理由を付記して通知いたします。

  • 申請書に記載されている住所と本人または代理人資格確認書類記載の住所が異なるなど本人が確認できない場合
  • 代理人による申請に際して、代理権が確認できない場合
  • 所定の申請書に不備があった場合
  • 所定の手数料のお支払いがない場合
  • 開示のお求めの対象が保有個人データに該当しない場合
  • 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  • その他法令に定める場合及び法令に違反することとなる場合
  •  

6.申請書その他必要書類の送付先

〒230-0031 神奈川県横浜市鶴見区平安町2丁目29番地の5
 京三エンジニアリングサービス株式会社 総務部 個人情報保護相談窓口