メニューを飛ばして本文へ進む

先輩インタビュー 岩竹 秀貴

先輩インタビュー

先輩が一から教えてくれる社内風土があると思います。 品質管理部ホーム柵グループ課長代理 岩竹 秀貴

現在行っている業務内容について教えてください。

岩竹:

客転落防止用のホーム柵の社内検査、現地調整及び保守・メンテナンスを行う業務を担当しています。
ホーム柵の現地調整は夜間のみの作業となるため、毎晩現地に赴き電車が動いていない短時間の間に作業を行います。その作業を繰り返し、鉄道事業者様が満足していただける製品の調整検査が完了し、無事開業を迎えるというような流れです。近年ホーム柵は設置数が増えてきているため、私達の作業もこれからますます多くなっていくと思います。

写真1

仕事に対するやりがいは何ですか?

写真2

岩竹:

入社した当初から思っていることですが、ホーム柵の運用開始時、乗客が安心して電車を乗り降りしているのを見た時に一番やりがいを感じます。今まで60駅ほどホーム柵の調整検査に携わってきましたが、毎回無事運用が開始される度にこの仕事に対する一番の喜びを感じます。その間に1度ホーム柵が上手く動作しなかったということもありましたが、その時はすごく責任を感じました。

就職活動中の学生へメッセージをお願いします。

岩竹:

当社では先輩方が一から手取り足取り教えてくれるような社内風土があると思いますので、やりがいを感じる仕事がしたい方や公共事業で鉄道に興味がある方は、安心して先輩方についていけば、責任感のある一人前の社会人になれると思います。